ファミリープラン

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

転勤などや住み替えなどで家族での引越し予定がある方は、引越し費用どれくらいかかるのか心配な方も多いでしょう。1人か2人の荷物であれば、それほど多くありませんが、人数が増えるほど荷物も多くなります。引越し費用は、まとまったお金が必要です。小さい子どもがいっらしゃるご家庭は、進学などで養育費用にこれからどんどんお金がかかりますから、なるべく引越し費用をおさえたいところではないでしょうか。

電卓4人家族の引越しの相場は、平均で約81,877円です。進学や就職が多い3月から4月の繁忙期で、平均で約108,000円。5月から2月の通常期は、平均で約70,000円となっていて、繁忙期と通常期では、3万以上の料金差がでてきます。引越し時期をずらせるのであれば、繁忙期を避けることをおすすめします。また、引越し費用には定価がありませんので時期だけでなく移動距離によっても料金が変わってきます

家族での引越しではありますが、1人暮らしむけの単身者向けパックを利用するのも引越し費用を安くできる場合があります。単身パックは、決められたサイズのコンテナに荷物を積めるだけ積んで輸送するサービスです。夫婦2人世帯など荷物がそれほど多くなく、費用をできるだけおさえたいご家族におすすめです。また、料金体系やサービスの内容に違いがあるため、引越し業者によって引越し料金が違います。一括見積をするサービスなどを利用して、複数業者に見積もりをとるようにしましょう。だいたいの相場料金も把握でき、引越し料金が安い業者を選ぶことができます。

家族の引越し費用は、荷物の量が多いため高額になりがちです。引越しを機に、できえるだけ不要なモノを減らすことをおすすめします。また、一括見積などで相場料金をおさえ、できるだけ安い引越し業者を選ぶようにしましょう。

カップルプラン

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

カップル同棲や結婚のため引越しする場合も多いでしょう。既に一人暮らししていた家にもう一人が移り住むだけなら1回の引越しで済みます。しかし、同棲や結婚となると、新居に引越しすることが多いです。それぞれが住んでいた家から新しい家に移り住むとなると、引越しが2回必要です。2人の幸せのための引越しであるはずが、労力を考えるだけでも疲れます。また、通常は、それぞれが引越し業者に依頼することになり、引越し費用も2倍かかってしまいます。未来のために貯金をしておきたいところですが、2倍分の引越し費用は痛いところではないでしょうか。

そこで、引越しプランの種類の中にある立ち寄りプランという便利なプランを利用するのが便利です。立ち寄りプランは、新居への引越しの間に別の場所に立ち寄り、荷物の積み下ろしをしてくれるサービスです。依頼する引越し業者も1社で済みますし、同じ日に引越し作業を終わらすことができます。また、トラックや作業員も1回分で済みますので、費用も2回分よりも安くすることができます

立ち寄りプランは、あくまでも立ち寄りですので、あまりにも2カ所が遠い場合は、移動距離がかかさむこともあります。立ち寄りプランの取り扱いがある引越し業者に見積もり依頼してみるとよいでしょう。

シングルプラン

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

就職や進学などのため実家を離れ、新たに一人暮らしを始める方も多いのではないでしょうか。はじめての一人暮らしとなると新生活への期待もありますが、本当に一人でやっていけるのかという不安もあります。また、新生活となると、家具や家電製品も必要となりますので、なにかとお金がかかります。特に、引越し費用がどれくらい必要なのか心配になります。

引越し費用は、距離、荷物の量、時期などによって変わってきます。シングルプランの費用の相場は、2月から4月の繁忙期であれば48,000円くらいです。また、繁忙期以外であれば約36,000円です。就職や進学などの都合であれば、なかなか難しいかもしれませんが、時期を選べるのであれば、繁忙期を避けたいところです

コンテナ引越し業者によってはプランの種類に、単身者向けパックが用意されています。通常は、引越し業者に荷物の量を確認してもらい、距離や日程などを考慮して事前に見積金額を出してもらいます。しかし、単身パックの場合は、決められた大きさのコンテナボックスに詰められるだけの荷物を詰め込みますので、見積もりが不要です。また、引越し業者やサイズにもよりますが、11,000円くらいで利用できるパックもありますので、料金を安く抑えることができます。

はじめての一人暮らしであれば、家具や家電製品も新たに用意することも多いですので、できる限り荷物を少なくして単身パックを利用するのがおすすめです。

引越しプランの種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

転勤や結婚、就職や進学などで、新居への引越しが必要となる場合があります。最初は、新居費用をどうするかで頭がいっぱいになります。賃貸であれば、敷金、礼金などの契約費用、初めての一人暮らしであれば、家電製品や家具、雑貨などの費用も必要になってきます。しかし、忘れがちなのが、引越し費用です。引越し費用は決して安いものではありません。引越しプランにはどのようなものがあるのでしょうか。

お金引越し費用には、定価というものがありませんので、荷物の量や時期、距離によっても費用が変わってきます。時期でいえば、人事異動や進学、就職が多くなる2月から4月が繁忙期と言われています。繁忙期は、5月から2月の通常期に比べて2割ほど料金が高くなると言われています。これは、引越し件数が増えるため、人材の数やトラックの数などを考慮して、対応件数を抑える必要があるためです。引越し業者にとっても稼ぎ時でもありますので、自然と料金も高くなります。また、需要と供給のバランスが崩れ、人材不足などから引越し難民が増えているとも言われています。

引越しする人数によって、荷物の量は違います。例えば、1人暮らしであれば、荷物が少ないため単身者向けパックが用意されています。また、別々の場所から同棲や結婚で2人暮らしを始める場合は、引越し費用が2回分必要となりますが、カップル向けの立ち寄りプランなどを上手に利用すると費用を抑えることができます。しかし、3名以上の家族の場合は、荷物の量が多いですから費用が高額になります。だいたいの相場料金を把握し、引越し料金が安い業者を選ぶことが重要です。

このサイトでは、引越しのプランの種類や費用を抑えるためのポイントについてご紹介します。